動物病院

犬も病気になる|一日でも長く一緒に暮らす為に飼い主が出来ること

飼われているペットは多い

先生

どのくらい長生きするのか

近年では、自宅でペットを飼っている家庭は多くなっています。その中でも犬と猫の数はとても多く、犬は約1000万頭、猫は約900万頭が家庭で飼われています。家庭で飼われている犬の平均寿命は、14歳と言われています。しかし、犬種によっても平均寿命は大きく異なり、チワワやトイプードルなどの寿命は長く、ゴールデンレトリバーなどの寿命は短いというデータもあります。ゴールデンレトリバーなどの寿命が短いのは、心臓や肺が弱く、腸ねん転などの病気のリスクも大きいことが原因です。犬がかかってしまう病気には色々なものがあります。例えば、心臓病やガン、腎臓病などがあげられます。病気も犬種によってかかりやすい病気などがあります。

ガンの症状は

犬はもちろん言葉を話すことができません。病気に早く気付いてあげるには、ちょっとした症状も見逃さないことが大切です。ガンは犬がかかることも最近では多くなってきました。症状はガンができた場所によっても異なりますが、共通しているものもあります。体重が減ったり食欲がなくなってきた、触ったときにしこりがある、ぐったりしているなどの症状が現れたら注意が必要です。ガンの治療方法は、手術や放射線治療、抗がん剤などを使用した治療が行われます。人間と同様に、早期発見をすることで生存率もあがります。犬の病気の治療は高額になることが多いです。犬を飼ったら早めにペット保険などに加入すると、治療費の負担も減らすことができます。

皮膚トラブルの対処

ドッグ

犬種や個体差によって皮膚病を発症する場合があるので、二次トラブルを防ぐためにもしっかりと治療します。日常生活では衣服を着用したり水分を補給したりして紫外線から身を守り、皮膚病に効果のあるドッグフードを与えると良いです。

View Detail

病気の対処方法

ドッグ

言葉を話す事が出来ない犬の健康管理は、定期的な血液検査とレントゲン撮影が有効な方法です。癌になってしまった犬の場合、部位によっては手術不可能なケースもあるので、担当医と相談して治療方法を決めると良いです。

View Detail

ペットの葬式

お葬式

亡くなった愛犬を見送る方法として、専門業者が提供するペット葬儀サービスを利用する人が増えてきました。ただし、大型犬と小型犬とでは利用料金が大きく変わってきますので、事前に見積もりを取ってから利用契約を結ぶようにした方がよいです。

View Detail